ペニス増大 精力剤サプリ

俺が選ぶ!ペニス増大サプリと精力剤サプリのランキング

勃起力の低下で疑うべき病気



30代や40代になって、セックスなどをしても途中で勃起がおさまってしまったり、または全く勃起できないという悩みを持ったりする人が少なくありません。

 

 

一般に勃起力の低下は、日頃のストレスや若いころに比べての体力の低下などが原因ですが、ケースによっては、その勃起力の低下の影に恐ろしい病気が潜んでいる可能性もあります。

 

今回は、勃起力の低下という状態になった時に、疑うべき病気について見ていきたいと思います。

 

 

疑うべき病気その1:動脈硬化

 

 

勃起力の低下がみられた時に、最初に疑うべき病気として動脈硬化が挙げられます。動脈硬化については多くの人が見聞きしたことがあるかと思います。

 

 

この病気は心臓から体の各器官に血液を送る動脈という血管が、様々な要因でしなやかさを失い硬くなってしまう病気です。

 

 

それでは、なぜ勃起力の低下が動脈硬化にかかわってくるのでしょうか?それにはまず、勃起のメカニズムについて知る必要があります。

 

 

勃起のメカニズムは、セックスやそのほかの性的興奮を感じる道具(例えば、セックスシーンを写したDVDや動画など)を通じて脳で感じた性的快感が、勃起神経と呼ばれる自律神経を経由してペニスに伝わるところによります。

 

 

そして、その結果、ペニスにある海綿体に血液が充填され、その影響でペニスが大きく膨らみ固くなる現象が勃起です。

 

 

ここでポイントとなってくるのは、勃起の際には比較的大量の血液が一度かつスムーズにペニスに集まってくるという点です。これだけの血液の力でペニスが膨らむには、血管がうまく機能していることが前提です。

 

 

さて、これが動脈硬化の状態だとどうなるのでしょうか?

 

 

血管がしなやかさを失い硬くなるために血液を送る能力が低下してしまうのです。

 

 

そのうえ、動脈が固くなると血管の内側に腫瘍ができるため、流れる血液の量も少なくなっていきます。

 

 

このため、セックスなどの際でもペニスに血液が十分に流れず、結果としてうまく勃起しないということになるのです。

 

 

そのため、勃起力が低下した場合はまず動脈硬化を疑うべきなのです。

 

 

なお、この動脈硬化は進行すると心筋梗塞や脳梗塞といった命をあっさりと奪いかねない病気になってしまうため、早めの処置が必要です。

 

 

疑うべき病気その2:糖尿病

 

 

勃起力の低下で次に疑うべき病気は、糖尿病です。糖尿病とは、体内でのインスリンが十分に分泌されないために血液中の血糖値が高くなり、そのために各器官に悪影響を与える病気のことです。

 

 

実は、糖尿病は勃起力の低下と非常に密接にかかわっています。

 

 

医学的データによれば、勃起力の低下している人間、つまり勃起障害(ED)に悩まされている人間の中で糖尿病患者の割合はなんと80%(5人に4人の割合)です。言い換えれば、動脈硬化以上に糖尿病を疑う必要があります。

 

 

それでは、勃起力の低下と糖尿病とがどのように関係しているかといえば、それは糖尿病が末梢神経に悪影響を与えていることが一番に考えられます。

 

 

先ほども書いたように、勃起は脳で感じた性的快感が勃起神経を通じてペニスに伝達されることで生じる現象です。しかし、勃起神経の手前には末梢神経があり、ここが糖尿病で障害を受けていると勃起したくてもできないという状態に陥ります。

 

 

ちなみに、糖尿病の前段階を高血糖といい、糖尿病ほどではないにしても血液中の血糖値が普通以上に高い状態を意味しています。この高血糖の状態でも末梢神経への障害は進行しているため、最近勃起がしにくいと感じたら早めの対策が必要といえます。

 

 

疑うべき病気その3:高コレステロール(高脂血症)

 

 

高コレステロール(高脂血症)も、勃起力の低下で疑うべき病気の1つです。これも医学的なデータですが、勃起力の低下に悩む人の64%が高コレステロールの患者であることが示されています。

 

 

この病気は最初に触れた動脈硬化ともかかわりがあります。というのも、コレステロールそのものが脂肪分であるためです。つまり、高コレステロールというのは血液中の脂肪分が多い状態を意味しています。

 

 

そして、血液中の脂肪分が多いと血管の内側に脂肪がどんどんつき、それが腫瘍となることで動脈硬化を引き起こすことになるのです。

 

 

高コレステロールの状態が大動脈など比較的太めの血管で起きている事ならまだたいしたことのない状態ですが、毛細血管のようなあまり太くない血管で脂肪が余分について動脈硬化が発生すれば、非常に深刻な状況になります。

 

 

特に太り気味(いわゆるメタボ)の人は、コレステロール値が上昇しやすい体になっている状態ですので、注意が必要といえます。

 

 

なお、動脈硬化の項でも触れたように、血液の流れが悪くなれば、そのぶん勃起もしにくい体になってしまいます。

 

 

まとめ

 

 

勃起力の低下からいろいろな病気が見えてきましたが、いかがでしたか?

 

 

勃起力の低下の影には、血管の内部で起こっている異常が深くかかわっています。そして、血管の異常には恐ろしい病気も隠れているわけです。

 

しかし、ここで挙げた3つの病気はいずれも生活習慣を見直すことで改善することができます。勃起力の改善と並行して、生活習慣も見直してみると良いでしょう。

 

 

 

前回、勃起力の低下に悩む人が疑うべき病気について3つほど触れてきました。

 

 

動脈硬化、糖尿病、高コレステロールといったいずれも症状が重くなると命にかかわる恐ろしい病気です。

 

 

ただ一方で、多くの場合、生活習慣さえ見直せば予防もできますし、治ったり改善したりするというものが多いものです。

 

 

しかし、勃起力の低下で疑うべき病気はその3つにとどまりません。

 

 

今回も3つほど、勃起力の低下から疑うべき病気について見ていきたいと思います。

 

 

なお、見出しの数字は前回からの通し数字を振っておきます。

 

 

疑うべき病気その4:高血圧

 

 

勃起力の低下で疑うべき病気として、高血圧もその1つに数えられます。血圧とは血管を送り出す力のことですが、高血圧の場合はこの力が通常より高い(つまり慢性的に強い力で血液が押し出されている)状態を意味しています。

 

 

日常的に血液を送り出す力が強い状態が続くと血管はどうなるのでしょうか?その力の強さのあまり、血管がどんどん硬くなり、しなやかさをなくしてしまうのです。

 

 

そうなると、あとは動脈硬化のケースと同様で、十分な血液が流れにくくなってしまいます。

 

 

前回も見たように、ペニスが勃起するには、ペニスに大量の血液が一時的に集まって海綿体にしみこむことが重要です。

 

 

そのため、勃起力が低下したとなると、まず血管関係の疾患を疑う必要が出てきます。

 

 

そして、糖尿病や動脈硬化、高血圧などのうちどの病気が当てはまるかは専門の医師に診断してもらうべきといえるでしょう。

 

 

なお、勃起力の低下、つまり勃起障害(ED)に悩む人の66%が高血圧を併発しているという医学的なデータもあります。

 

 

疑うべき病気その5:肝機能障害

 

 

勃起力の低下で次に疑うべき病気に肝機能障害があります。文字通り、肝臓が果たす機能に何らかの障害がある状態のことです。

 

 

肝機能といえばアルコールに関する機能です。

 

 

というのも、人はお酒を飲むことでアルコールを体内に摂取するのですが、そのアルコールを分解する器官が肝臓だからです。

 

 

しかし、この肝臓も長期間で、かつ多量のアルコールを分解しているとやはり疲れ、その機能が低下してしまいます。

 

 

実は肝臓が担っている機能には、アルコールの分解のほか、栄養素の貯蔵や、栄養素をエネルギーとして使える状態にする代謝、体内に入り込んだ毒素の分解などさまざまです。

 

 

その中でも勃起力とかかわりがあるのが、男性ホルモンの代謝というものです。

 

 

男性ホルモンがつくられるのは脳の視床下部や睾丸、甲状腺といった内分泌腺と呼ばれる器官ですが、そこで作られた男性ホルモンは一度肝臓に集まり、ここで代謝・合成されてからあらためて分泌されるものです。

 

 

しかし、肝臓の機能が低下しているとこの男性ホルモンの代謝や合成がうまくできず、結果として精力も勃起力も低下してしまいます。

 

 

特にお酒が大好きな人や、それ以上にアルコール中毒気味の人はよく注意して、お酒を飲まない日を設けたり、飲むお酒の量を減らしたりするなど対策が必要です。

 

 

疑うべき病気その6:腎機能障害

 

 

勃起力の低下は肝臓の機能を低下させることもあれば、腎臓の機能を低下させることもあります。特に慢性腎不全を発症している人間で、勃起力の低下に悩んでいる人が40%いるというデータもあります。

 

 

腎臓も男性ホルモンを分泌する機能はあります。が、男性ホルモンを分泌する機能のほとんど(9割ほど)は睾丸が担っていますが、残り1割はこの腎臓で分泌されるものです。

 

 

1割といっても、この腎臓の機能に障害があればそのまま勃起力の低下につながることに変わりはありませんので、過小評価はできません。そして、厄介なことに腎臓の機能が低下すると、性欲を失わせるホルモンであるプロラクチンと呼ばれるホルモンが分泌されやすくなるのです。

 

 

そうなると、腎臓の機能の低下が勃起力の低下に与える影響が決して小さいものではないことがお分かりいただけるかと思います。

 

 

ちなみにこのプロラクチンは、セックスやマスターベーションの時などで射精した後に訪れる放心状態にも深くかかわっています。

 

 

というのも、射精の後にこのプロラクチンが多く分泌されることで、性欲あふれる状態から元の落ち着いた状態に戻るからです。

 

 

なにしろ、射精も結構エネルギーを使う行為(1度に血液200㏄分に相当)であるため、ずっと射精ばかり続けていると慢性的に無気力な状態になりかねないため、このホルモンは重要なのです。

 

 

まとめ

 

 

前回に引き続いて、勃起力が低下した時に疑うべき病気を追加で3つ取り上げてみました。これらの病気も前回紹介したものと同様に、重くなるほど命取りになる病気です。

 

 

勃起力が低下したからとそれだけで放置するのも良くないことですし、また悩みっぱなしというのも全くいいことはありません。

 

 

むしろ、勃起力の低下は自分の体の状態や生活習慣を見直す良い機会、そして自分の精力や勃起力の状態の改善をするチャンスとみなして、前向きに体の状態の改善に取り組むことが大切といえます。

 

ED治療

おすすめのペニス&精力増大サプリはこちら!

ヴィトックスαEXTRAedition   販促活動に最も力を入れているサプリで、太っ腹なキャンペーンで有名。     1箱買うと1箱ついてくるプレゼントキャンペーンは絶対に利用したいところ。     まとめ買いで安くなるので、最低3箱は一度に買いたい。どんなサプリも最低必要使用条件は3ヶ月と言われているので、随時キャンペーンを行ってくれる「ヴィトックスαEXTRAedition」は私の一押しサプリです。     使ってみた感想;
確実にでかくなると聞いてはいたが、正直ここまでとは・・・自身が最も信頼をおいて愛飲している増大サプリ。おかげさまで飲みはじめて3ヶ月後には亀頭のカリが高くなりはじめました。(個人差あり)
    
  詳細はこちら