ペニス増大 精力剤サプリ

ペニス増大サプリと精力剤サプリのランキング

オナニーのやり方によって勃起力は向上も低下もする?


 

勃起力の低下で悩んでいる方、もしかするとオナニー(マスターベーション)のやり方に原因があるかもしれません。

 

 

1人だけでいるときに、自分で自分を気持ち良くするためにペニスに手をやってオナニーは気持ちがよいものです。

 

 

そして、それで勃起できているというのなら問題ないようにも見えます。

 

 

しかし、オナニーは、勃起力を向上させるやり方もあれば、逆に勃起力を低下させるような間違ったやり方もあります。

 

ここでは、どのオナニーのやり方をすれば勃起力をよく、もしくは悪くするか見ていきましょう。

 

 

オナニーのやりすぎがそもそもよくない

 

 

まず、オナニーをやりすぎているかどうかが問題となります。というのも、オナニーのやりすぎは勃起力の低下につながるためです。

 

 

実際、オナニーをやりすぎるような環境が私たちの周りにはあります。

 

 

昔からコンビニで売っているようなヌードの写真集や雑誌に加えて、近年ではパソコンやスマホのアダルトサイトや画像、動画でいくらでも性的興奮を呼び起こすような内容のものを検索できるのですから。

 

 

そのため、昼間から家に1人でいるときにパソコンやスマホさえあれば、いくらでもオナニーできる機会に恵まれています。

 

 

オナニーはセックスの時のように女性の膣にペニスを入れはしなくても、自分でわざと気持ち良くして、性的興奮で射精するという点では変わりありません。

 

 

もし、あまりにもオナニーをしすぎるとどうなるのでしょう。最初は慢性的な疲労程度ですが、これがひどくなると癖になりすぎるあまり勃起力そのものが低下してしまうのです。

 

 

そして結果として、生のセックスという肝心な時に勃起しなくなるという悲劇に襲われてしまいます。

 

 

オナニーをやらなさすぎてもよくない

 

 

一方で、オナニーをしたらそのあとしばらくはオナニーしない方がいいという考え方もあります。

 

 

たしかに、オナニーという行為自体が射精も伴うため、ある程度の休息期間は必要といえます。

 

 

しかし、オナニーを自粛(いわゆるオナ禁)しすぎるのも実はかえってよくないことです。

 

 

オナニーを自粛することは、いわば精力や、勃起に欠かせないペニスの海綿体を回復させることであるため、1ケ月や2ヶ月といった期間であればまだよいといえます。

 

 

しかし、半年や1年以上自粛の期間が続くと、今度は勃起した時に中途半端な勃起の状態(いわゆる中折れ)になってしまい満足な勃起ができなくなってしまいます。

 

 

やりすぎも良くない一方で、やらなさすぎも良くないわけですから、オナニーをやる間隔にもバランスが大事ということです。

 

 

オナニーの刺激や時間もほどほどが大事

 

 

オナニーと勃起力との関係は、オナニーにかける時間と刺激も関係してきます。

 

 

オナニーをするときの刺激ですが、なるべく刺激の低いものが理想です。というのは、あまりにペニスを刺激する力が強いと、その刺激が癖になりすぎて、強い刺激でなければ勃起や射精できないという事態(膣内射精障害)になってしまうためです。

 

 

そうなると、実際のセックスの時も女性の膣の中に入れた時の弱い刺激程度では勃起できずに中折れしてしまいやすくなります。

 

 

この場合セックスも不完全燃焼のものとなるため、男女関係にも悪影響を与えかねません。

 

 

このため、いざという時に勃起できるように、普段のオナニーは低刺激でやることが大切です。

 

 

また、オナニーにかける時間も大切な要素です。人によっては、オナニーを手早く済ませようと、5分や10分程度しかやらない人がいますが、これはかえって危険なことといえます。

 

 

あまりにも手短なオナニーでは勃起もしやすいですが、その持続力も低下してしまいがちです。

 

 

理想のオナニーにかける時間は最低でも20分から30分以上。ある調査によれば、1度のセックスにかける時間として、30分から1時間という人が圧倒的に多いという結果が出ています。

 

 

そこから考えると、5分や10分程度で勃起がおさまってしまうという状態がいかに危ないものであるかがわかることでしょう。

 

 

もちろん、オナニーの時間が長すぎてもよくありません。先ほど書いたやりすぎが危険であるということと同じで、低刺激で長時間やることもまた危険な要素なのです。

 

 

オナニーの際のペニスの状態にも注意

 

 

オナニーの際にはペニスの状態に気を遣うのは当然といえます。

 

 

特に人によっては十分に勃起しない状態で射精するという人も少なくありません。が、これはあまりよくないことです。

 

 

実はこのこと自体が中折れにつながりやすいもので、最悪の場合、勃起ができない体になってしまいます。

 

 

このため、十分に勃起した状態になってから射精するのがベストです。

 

 

また、射精のタイミングで、射精しそうなところで射精を抑えるというのも危険です。

 

 

そのこと自体が自然な射精をわざとらしく止めるということで、これを繰り返すと「逆行性射精」という異常な射精の仕方をする病気になってしまいます。

 

 

やはり、射精は自然の成り行きに任せるのがよいと言えるでしょう。

 

 

健全なオナニーとは

 

 

以上から、健全なオナニーがどのようなものか見ていきます。まず、オナニーの頻度は週に1,2回ほど、1度に月最低でも20分から30分かけて行うのがよいでしょう。

 

 

性的興奮をどのような方法でもよいので高めておきつつ、指で輪を作り、上下に低刺激でペニスを刺激し、勃起させます。

 

 

勃起しきったところで射精するというのも忘れないようにしてください。

 

 

まとめ

 

 

勃起力をよくする、あるいは低下させるオナニーについて見てきました。

 

 

オナニーは、やる頻度やかける時間、刺激、射精のタイミングなどによって勃起力をよくしたり低下させたりします。

 

 

最初にも触れたとおり、オナニーできる環境が整いすぎているほど存在している状態ですが、オナニーするときは健全さとほどほどを心掛けてやるようにしましょう。

 

性の悩み

おすすめのペニス&精力増大サプリはこちら!

ヴィトックスαEXTRAedition   販促活動に最も力を入れているサプリで、太っ腹なキャンペーンで有名。     1箱買うと1箱ついてくるプレゼントキャンペーンは絶対に利用したいところ。     まとめ買いで安くなるので、最低3箱は一度に買いたい。どんなサプリも最低必要使用条件は3ヶ月と言われているので、随時キャンペーンを行ってくれる「ヴィトックスαEXTRAedition」は私の一押しサプリです。     使ってみた感想;
確実にでかくなると聞いてはいたが、正直ここまでとは・・・自身が最も信頼をおいて愛飲している増大サプリ。おかげさまで飲みはじめて3ヶ月後には亀頭のカリが高くなりはじめました。(個人差あり)
    
  詳細はこちら