ペニス増大 精力剤サプリ

ペニス増大サプリと精力剤サプリのランキング

勃起力強化!メカニズムを知って勃起力の減退に備える


 

パートナーとの性生活を楽しむうえでペニスが快感な状態になって大きく膨らむようになる、いわゆる勃起という現象は不可欠なものです。

 

 

しかし、男性によってはセックスの最中に勃起が全く起こらなかったり、または勃起しても不完全な状態になったり、という人が少なくありません。

 

 

これでは、せっかくのパートナーとの楽しいセックスのひと時が台無しになるうえ、恋愛や夫婦関係にも悪影響を及ぼしかねません。

 

 

そこでここでは、勃起するための力である勃起力がなぜ減退するかについて見ていきます。

 

 

そもそも勃起はどのような仕組みで起こるか?

 

 

勃起力が減退する原因を見る前に、まずは男性のペニスが勃起する仕組みを見ていきたいと思います。

 

 

勃起のメカニズムでは人体の3つの器官が関わってきます。脳と、脊椎にある勃起神経、そして男性器です。

 

 

そして勃起が起こるときも、性行為やそれに関連する視覚や聴覚などの感覚によって脳で性的な快感を覚え、その信号(性的興奮)が勃起神経を経由して、男性器が膨らむという順番によって生じます。

 

 

ここでポイントとなってくるのが、脳と男性器との間にある勃起神経が自律神経である、という点です。この自律神経とは、自分の意思でコントロールすることができない神経を指します。

 

 

そして、自律神経には交感神経と副交感神経とがあり、交感神経が機能しているときは人体が緊張やストレスを感じている状態、副交感神経が機能しているときは逆にリラックスしたり安らぎを覚えたりしている状態になっています。

 

 

男性器が勃起するときは勃起神経で副交感神経が機能しているときです。その快感な感覚が男性器に伝わった段階で、男性器の内部にある海綿体というスポンジ状の部位に血液が浸透することによって、堅く大きく膨らむ状態となるのです。

 

 

よく男性器が勃起する要因として男性器に血液が注入されるからと考える人が多いのですが、このようにその前段階において、脳で発生した性的快感が勃起神経に伝わるというプロセスがあります。

 

 

ちなみに勃起が終了するときは、勃起している状態で射精した際に副交感神経が機能している状態から交感神経が機能している状態に切り替わります。それに伴って性的快感も薄れて男性器がしぼむことによるものです。

 

 

勃起力が減退する原因

 

 

現代の男性の中には、性的快感を得てもなかなか勃起しないという人も多いものです。

 

 

普通に考えると、性的快感を得るとほとんどの場合で気持ち良さを感じるために男性器が勃起しやすくなるはずです。なぜこのような男性が増えているのでしょうか?

 

 

先ほど、勃起するメカニズムを書いていく中で、脳から勃起神経に伝わった性的快感が男性器に伝わるには、副交感神経が機能していることが重要であると述べました。

 

 

あらためて説明するならば副交感神経が機能している状況とは、人体がリラックスしていたり、安らぎや気持ち良さを感じていたりする状態です。

 

 

しかし、現代の男性は仕事でもプライベートでも、人間関係でもストレスにさらされやすい状況に置かれています。

 

 

また、仕事の多忙さなどによって疲労が蓄積しやすく、食生活も不規則になったりして、健康管理も不十分という人も多いのです。

 

 

そして、特に年を取った男性は加齢による血流の悪化や精力の低下も勃起力が衰える原因となっています。

 

 

このような精神的に不安な状態や疲労の蓄積、生活習慣の悪化などは精力の低下につながるだけでなく、常に緊張や不安にさらされ続けている状態となるため、男性器が勃起したくてもそれが叶わない状況を作り出します。

 

 

そして、それが慢性化した状態が勃起力の衰えた状態、つまり医学用語でいう勃起不全(ED)です。

 

 

勃起不全(ED)の種類

 

 

勃起不全には大きく分けて2つの種類があります。いずれも原因と直結するため、それらの原因に心当たりがある人は改善に取り組むことをおすすめします。

 

 

<器質性の勃起不全>

 

 

体のどこかの器官の機能が低下したことによって生じるのが器質性の勃起障害です。男性ホルモンを分泌する機能が衰えていること、血流が悪くなっていること、勃起に不可欠な勃起神経そのものの働きが衰えていること、慢性的な疲労の蓄積などが原因として挙げられます。

 

 

なお、中年や老年の男性に多い勃起不全のタイプが、器質性のものといわれています。体の各器官の老化が加齢とともに進行し、その機能が衰えるためです。

 

 

<心因性の勃起不全>

 

 

主にストレスなどの精神面での不調がきっかけで起こるのが心因性の勃起障害です。先ほども書いたように、現代の男性は仕事などで過度のストレスにさらされがちです。

 

 

そのため、常に緊張やストレスにさらされっぱなしの状態で、勃起神経から男性器への性的快感の伝達がうまくなされにくくなっているために、勃起しにくい状況が継続するのです。

 

 

勃起力の減退(勃起不全)を予防する方法

 

 

このように性生活に悪影響を及ぼしがちな勃起力の減退(勃起不全)ですが、どのように予防すればよいのでしょうか?

 

 

まずは、なんといっても規則正しい生活を送ることです。健康な食事をきちんととり、仕事とプライベートにメリハリをつけ、運動もきちんとやって、十分な睡眠時間を確保するということにつきます。

 

 

このような生活習慣を送ることで、体を若く健康な状態に保つことができ、勃起に不可欠な各器官の働きも維持できます。

 

 

また、ストレスや疲労をきちんと解消することも欠かせない要素です。

 

 

何度も書いているように勃起には体がリラックスできる状況を作り出すことが欠かせません。

 

 

そして、疲労が蓄積されている状態では楽しい性生活を送る余裕すら失われてしまいます。ストレスや疲労の解消は心から楽しめる性生活を営むうえでも重要なことです。

 

 

この2つを若いころから心がけることが勃起力の低下を防ぎ、健全な性生活を確立するうえで大切といえます。

 

 

ここまでのまとめ

 

 

勃起力の低下の原因や予防策などについていろいろと書きました。常日頃の多忙な状況で疲労やストレスの蓄積や、また加齢などによる勃起に必要な各器官の働きの衰えが原因ですが、日頃から規則正しい生活習慣を心掛け、ストレスや疲労を解消することで予防が可能です。

 

 

パートナーと楽しく健全な性生活をするうえでも勃起力を維持しておくことは非常に重要なことです。今は精力や性欲がみなぎっているからとストレスや疲労、体の不調などを放置するということは避けましょう。

 

 

 タバコがペニスに与える4つの悪影響とは?

 

男性の中でも喫煙で気分がよくなるという人もいるくらい、喫煙というのはストレスを発散する手段としては一定の市民権を得ているともいえます。

 

 

が、実は勃起力の向上や勃起不全の克服などからすると逆効果なのです。

 

 

今回は、喫煙がペニスに与える悪い影響について見ていきます。

 

 

タバコが与える悪い影響その1―血流の悪化

 

 

タバコには多くの有害物質が含まれています。代表例を挙げると、ニコチンや一酸化炭素、カドミウムといったもので、その種類は実に4000種類に及ぶのです。

 

 

そして、タバコに含まれるこれらの有害物質がペニスにも悪影響を及ぼすのです。

 

 

まず、タバコに含まれる有害物質は血液の流れ、つまり血流に悪影響を及ぼします。

 

 

どのように影響するのかについて書く前に、まず勃起のメカニズムについて説明しておきましょう。

 

 

勃起は脳内で性的な快感を覚え、それが自律神経である勃起神経を経由してペニスに伝わることで、血液がペニスの中にある海綿体に充填されることで生じる現象です。

 

 

つまり、勃起の際にペニスが大きくなるのは血液がペニスの中に流れる現象によるものなのです。

 

 

さて、この勃起のメカニズムを見たうえで、なぜタバコが血流に悪影響を与えることでペニスにとってデメリットとなるかも見ていきましょう。

 

 

タバコに含まれるニコチンと一酸化炭素は喫煙によって体内に取り込まれると、血管の中で各細胞に酸素を送る赤血球の働きを妨害します。

 

これに対し、体の側も血管の中の赤血球、さらに有害物質を排除するための白血球を増やすことで血管内部の働きが低下しないように保とうとします。

 

 

そうなるとどのような現象が起こるかといえば、血液の中の赤血球や白血球の量が増えるものですから、血管の中はまるで道路が渋滞しているような状態に陥ります。

 

 

つまり、血液がドロドロになってしまい、その結果血流が悪くなってしまうのです。

 

 

先ほども書いたように勃起をするにはペニスに大量の血液が流れ込むことが前提です。

 

 

しかし、血流が悪いとペニスに血液が十分に行き届かなくなり、性的快感を覚えてもなかなかペニスが大きく膨らまなくなってしまいます。

 

 

その結果として、セックス中でも一度膨らんだペニスがいわゆる中折れをしてしまったり、さらにひどい場合は始めから膨らみもしないという悲しいことになってしまったりするのです。

 

 

タバコが与える悪い影響その2―糖尿病による間接的な影響

 

 

タバコがペニスに与える悪い影響はこれだけにとどまりません。実は、糖尿病をも引き起こし、それが間接的にペニスに悪影響を及ぼします。

 

 

糖尿病は血中の糖分が高い状態が続く病気で、糖尿病の患者は定期的に一定量のインスリンを投与する必要があります。

 

 

そうしないと、生命維持の危機にもかかわるためです。

 

 

普通の人間の場合、インスリンは体内に一定量あり、血糖値が一定に保たれているため、そのままでは糖尿病になりにくいものです。

 

 

そのインスリンが分泌されるのが脾臓ですが、タバコに含まれる有害物質は脾臓の働きを低下させて、インスリンが分泌しにくくしてしまいます。

 

 

そしてこの糖尿病が勃起不全を間接的に引き起こしてしまうのです。

 

 

医学的なデータでも勃起不全の患者のうち8割が糖尿病を患っているというデータがあるほどです。

 

 

糖尿病が勃起不全に作用するものとしては、神経障害や海綿体の機能不全、そして動脈硬化です。

 

 

いずれも勃起には欠かせない機能が低下することから、糖尿病が与えるペニスの勃起に与える影響は深刻といえます。

 

 

タバコが与える悪い影響その3―ビタミンやミネラルの不足による男性ホルモンの分泌不足:

 

 

喫煙によって体内のビタミンやミネラルの不足が促進されます。というのも、これもタバコに含まれる有害物質を除去するために多くのビタミンやミネラルを消費する必要があるためです。

 

 

体内のビタミンやミネラルは男性ホルモンの分泌にも不可欠な成分です。

 

 

そして、男性ホルモンが多く分泌されることは勃起力の向上や精力の増進にも大きな影響を及ぼします。

 

 

しかし、ビタミンやミネラルが喫煙によって不足気味になると、男性ホルモンがうまく分泌されなくなり、勃起力の向上や精力の増進にも悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

 

そのうえ、ビタミンやミネラルを消費すると栄養失調にもなり、性行為や精子の製造にも悪影響が出てしまい、さらに生命維持にも危機を及ぼしかねないのです。

 

 

タバコが与える悪い影響その4―精巣への悪影響

 

 

タバコに含まれる一酸化炭素は体内の各器官に酸素や栄養分がいきわたることを阻害します。当然、この影響は精巣にも及び、精子製造能力も大きく低下してしまいます。

 

 

そのため、精巣の運動率も下がり、ひどい場合子供ができても奇形児として生まれるという悲劇まで起こってしまうのです。

 

 

タバコがペニスに与える悪影響をいろいろとみてきました。どれも非常に深刻な悪影響を及ぼしており、中には生命維持や子づくりのピンチになりかねないものもあります。

 

 

タバコの与える悪い影響はこのほかにもたくさんありますので、興味があれば見ていただきたいのですが、ここに載せてある悪影響だけでもペニスの勃起力の向上や精力の増進に対して非常に恐ろしい結果をもたらすということが理解いただけるかと思います。

 

 

もう一度勃起のメカニズムをおさらい

 

勃起は2種類に分類することができます。

 

 

外的要因を受けた勃起と、内的要因を受けた勃起の2種類です。

 

 

外的要因は、実際に触れた時など物理的に刺激を受けた時で、内定要因は、女性の裸を見て興奮するなど心理的に刺激を受けた時です。

 

 

外的要因・内的要因によって大脳に興奮が伝わると、その興奮が勃起中枢に伝達されます。

 

 

そして、ペニスの海綿体へと伝わります。

 

 

海綿体に一酸化窒素が送られ血管が広がり、血液で満たされていき勃起するのです。

 

 

勃起したペニスは血液が海綿体の静脈を圧迫することで流れ出てしまうのをストップさせ勃起を継続させます。

 

 

血管や神経、そして脳の全てを使って勃起しているわけです。

 

 

勃起に必要なシトルリン

 

 

何らかの刺激を受けることで勃起することがわかりましたが、勃起にはあとなにがあるといいでしょう。

 

 

勃起をサポートする成分として知られるのが、シトルリンです。シトルリンはアミノ酸の一種です。

 

 

このシトルリンは、血行をよくする効果があります。勃起のメカニズムで説明したように、勃起には血流が必要ですから、勃起やペニス増大に効果があるとして取り上げられています。

 

 

このシトルリンはアルギニンというアミノ酸と関わりが深く、アルギニンも勃起やペニス増大に貢献してくれる栄養素です。

 

 

アルギニンとは?

 

 

アルギニンはもともと人間の体内にあるアミノ酸でもあります。サプリメントや食事などで摂取したシトルリンは体内でアルギニンへと変化します。

 

 

アルギニンは、精子のもとを作り上げたり、体の細胞を作ったりします。そして、使い切れなかったアルギニンは、尿素回路を通る間にシトルリンに変化するのです。

 

 

違う成分であるはずなのに体内では同じ成分になり、ペニス増大や勃起力に多大な影響を与えてくれるものです。

 

 

面白いことに、これほど効果は似ているのにシトルリンは精子のもとにはなりません。

 

 

アルギニンは体に蓄積されることなく、シトルリンへと形を変えて尿と一緒に排出されてしまいます。

 

 

シトルリンとアルギニンは切っても切れない関係にあります。

 

 

即効性がない

 

 

せっせと服用するシトルリンですが、残念ながら服用してすぐに痛みが和らぐような鎮痛剤とは違って即効性がありません。

 

 

即効性がないため、効果がではじめる頃には、飲んでいたけど効果が感じられなかったと、サプリメントを服用することをやめてしまう人がいるのが現状です。

 

 

日々の変化が目で見てよくわからないと、本当に効果があるのかと疑問がムクムクと湧き出てきて不安になってしまうものです。

 

 

それでもやはり、ここはしっかりと根気よく、毎日欠かさずシトルリンサプリを摂取していかないと結果を出すことができません。

 

 

肉体改造はジワジワとゆっくりその効果をあらわしてくれるものなのです。

 

 

メンタルに弱いペニス

 

 

勃起のメカニズムと勃起に有効な成分としてシトルリンとアルギニンの説明をしましたが、なにより一番大切な体が整っていなければ意味がありません。

 

 

男性ならわかると思いますが、勃起はメンタルの影響を受けやすいものです。

 

 

それでなくともペニスになにかしらのコンプレックスを持って、サプリメントを手にしているわけですから体の不調や、メンタルでのヘコミなどこれ以上の負担をかけたくありませんね。

 

 

サプリメントでいくら勃起をサポートしても、デリケートなペニスはメンタル面で傷つけられていては勃起することができません。

 

 

存分に勃起できないペニスは恐らくいつもより萎縮してみえることでしょう。ペニスの増大も望んでいるのに、ますます自分に自信がなくなり、負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

 

体調が悪ければメンタルも弱りますし、メンタルが弱っていれば勃起に影響します。グルグルとどこかでつながっていて心と体の密接さがよくわかります。

 

 

 

ここまでのまとめ

 

 

勃起の仕組みをいくら理解したとしても、サプリメントを根気よく服用したとしてもそれを受け入れる体が健康でなければ、十分な効果や満足できる結果を得られることはありません。

 

 

血行がよくなることが勃起に必要だとわかったのなら、シトルリンサプリを服用しながら運動を取り入れてさらに効果をアップさせる努力をしてみてはどうでしょうか?

 

 

何もせず、サプリメントの効果を今か今かと待つよりも、積極的に効果を得られるように行動を起こすほうが、心身ともに成長できペニスの増大と勃起力アップへと、自ら一歩進むことができます。

 

 

シトルリンは運動の前後に服用することで、運動における新陳代謝のアップや発汗作用などをサポートしてくれる効果もあります。

 

 

理想のペニスの大きさと勃起力を支えるために体をトレーニングで鍛えるのもいいですね。

 

 

勃起力強化にはサプリが良いんです、特に中高年には・・・

 

勃起力を強化したい!勃起時に跳ね返らせたい!

 

 

そう思うのは、勃起力に自信がなくなってきたからでしょうか?

 

 

もともと勃起力が弱い人もいますよね?

 

 

僕も、勃起力はもともと弱い方で、友達にもよくフニャチン呼ばわりされたものです。

 

 

勃起力が弱いといろいろと悩みます

 

 

  • 朝立ちがしない
  • 性欲はあるのに途中で挿入断念
  • 2回戦3回戦ができない
  • パートナーを満足させられない苛立ち
  • 下っ腹に力を入れても射精まで辿りつけない

 

 

こういったことで悩みますよね?

 

 

だからといって、インポでもないのにただ勃起力を強化したいというならED薬は不要です、と言うかやめたほうが良いでしょうね、副作用リスクのほうが強いので・・・・・

 

 

個人輸入なら簡単、格安でてにはいりますが、基本的には医師の処方箋が必要で1錠あたりの料金も安いものではありません。

 

 

ED薬は、何をやってもダメという時の最終手段にした方がいいですね。

 

 

精力剤サプリなら、副作用の心配なく勃起力を強化して更には持続力まで向上してくれます。

 

 

それどころか、中折れ程度のEDなら改善、回復も可能なので、勃起力に自信のない人はまず精力剤から始めるべきです。

 

 

コックリングペニストレーニングを薦める人がいますが、これらはそれだけでは勃起力の強化にはつながりません、精力剤で血流を高めるなり、男性ホルモンを増加させてはじめて効果が出るものです。

 

 

勃起力が弱まるのはほとんどの場合で、年齢からくる男性ホルモンの低下や高血圧や動脈硬化などの血管障害が理由です。

 

 

精神的にストレス、心配事などでたたなくなることはありますが、そうなると精力剤はおろかED薬でさえ効果がないことはよく知られていますよね?

 

 

緊張して勃たないくらいのことなら精力剤でも対処できますが、心にトラウマがあったりする場合はその理由を取り除かないとなかなか勃起不全回復は難しいでしょうね。

 

 

精力剤で勃起力強化ができるのはなぜか?

 

 

これには精力剤に含まれる成分の働きを理解することが必要になってきます。

 

 

精力剤は薬とは違うので、成分のほとんどは天然物を使用しています。

 

 

精力増強に効く天然の植物や球根といったものに、ビタミン群やミネラル群を混合して作られているんですね。

 

 

精力剤選びで重要なのは、精力増強成分に何を使っているかということです。

 

 

基本的にどの精力剤にしても、テストステロンの増加を狙って作られているので、自分と相性いいものに出会えればぐんぐん勃起力は強化できます。

 

 

テストステロンが何か?というのはこのサイトを見に来たような人にはもはや説明不要なのかもしれませんが、おさらいの意味を込めて説明してみます。

 

 

テストステロンは男性の睾丸で生成されるもので、男性ホルモンの95%を占める

 

 

その働きは多岐にわたり、およそ男性らしさを形成するのに役立ちますが、胎児が男性か女性かを気決定づけるのもテストステロンが関係しています。

 

 

胎児のベースは女性なのですが、テストステロンが作用することで生殖器が発達すると男の子になり、テストステロンが作用しないと女の子として生まれてきます。

 

 

テストステロンの分泌には個人差があり、分泌量の多い男性はより男らしさが溢れます。

 

 

モテる男はテストステロンの分泌量も多く、フェロモンを漂わせて女性を魅了します。

 

 

テストステロンの分泌が多い男性の傾向

 

 

  • 達成感を好む
  • 人に印象をあたえるのがうまい
  • 男にもモテるためリーダーシップをとりやすい
  • 縄張り意識がある
  • 辛いものが好き

 

 

などの傾向があります。

 

 

心身に与える影響

 

 

  • 体の毛が濃い
  • 筋肉質な体
  • 骨が太い
  • 性欲が強い
  • 快感が大きい
  • 闘争心がある

 

 

などがあります。

 

 

逆に、テストステロンの分泌を抑制してしまうのは

 

 

  • 波風のない平凡な生活
  • 左脳中心の考え(頭をつかうデスクワークなど)
  • ストレス
  • 敗北感

 

 

本来テストステロンを増加させるには筋トレが一番で、中でも下半身をフルに使うスクワットが一番効果的です。

 

 

しかしホルモン分泌を増加させるほどの筋トレというと、生半可なものではありませんよね。

 

 

それこそおもりを何枚もぶら下げるほどの強者にならないといけません。

 

 

それができてれば、勃起力低下の心配なんてしてないんでしょうが・・・・・・・・・・

 

 

それができない人のために精力剤があるんですね、精力剤はテストステロンを増加させることで勃起力強化をするので性欲ややる気といったものも高まります。

 

性の悩み

おすすめのペニス&精力増大サプリはこちら!

ヴィトックスαEXTRAedition   販促活動に最も力を入れているサプリで、太っ腹なキャンペーンで有名。     1箱買うと1箱ついてくるプレゼントキャンペーンは絶対に利用したいところ。     まとめ買いで安くなるので、最低3箱は一度に買いたい。どんなサプリも最低必要使用条件は3ヶ月と言われているので、随時キャンペーンを行ってくれる「ヴィトックスαEXTRAedition」は私の一押しサプリです。     使ってみた感想;
確実にでかくなると聞いてはいたが、正直ここまでとは・・・自身が最も信頼をおいて愛飲している増大サプリ。おかげさまで飲みはじめて3ヶ月後には亀頭のカリが高くなりはじめました。(個人差あり)
    
  詳細はこちら