ペニス増大 精力剤サプリ

ペニス増大サプリと精力剤サプリのランキング

自転車も乗りすぎはよくない―自転車EDというやっかいもの


皆さんは自転車と聞くとどんなイメージを持ちますか?

 

 

おそらく誰でも手軽にできるスポーツで、運動不足になりがちな現代人にとってはぜひおすすめの運動、というものでしょう。

 

 

あるいは、環境にも優しい乗り物というイメージがある、という人も少なくないはずです。

 

 

しかし、実は自転車も乗り方次第ではペニスに悪影響を及ぼしてしまう場合があります。

 

今回は、ペニスに悪影響を及ぼす自転車の乗り方や、それを改善する自転車との上手な付き合い方を紹介していきます。

 

 

手軽な運動といっても長時間の乗りすぎは逆効果!?

 

 

先ほど少し書いたように、運動不足になりがちな現代人にとって自転車は手軽でだれでも取り組みやすいスポーツです。

 

 

雨が降っていない日に少し乗るだけでも、爽やかに汗をかくことでメタボの防止や血行の促進といった健康の効果を実感できます。

 

 

そのためか、休日に長い時間をかけて長距離を自転車で出かけるという人もいます。このレベルまで来るとなかなかのツワモノですね。

 

 

しかし、実はこの長時間の自転車利用がペニスにとっては悪影響を及ぼしかねないのです。皆さんもご存じのとおり、自転車というものはサドルにまたがって乗る乗り物です。

 

 

ただし、またがっている状態長時間に及ぶとペニスの勃起に欠かせない血管や神経が通っている陰部や股間がその分圧迫を受け続けている状態が続きます。

 

 

圧迫を受け続けるとまたや陰部の血液の循環が悪化し、その影響で勃起に必要なペニスの機能も低下して、結果として勃起不全(ED)になってしまいます。

 

 

これがいわゆる自転車EDと呼ばれる症状です。

 

 

さて、ここで気になる疑問が1つ浮かんできます。

 

 

それは、「長時間といってもどのくらいなのか」ということです。だいたい1日に2時間以上乗っている人は要注意です。

 

 

逆に言えば、毎日自転車を使うといっても、近場に買い物や用事のための移動手段程度に使うのならば自転車EDになるリスクは比較的低いといえます。

 

 

自転車のタイプにも注意が必要

 

 

自転車EDのリスクが高いかどうかは、使う自転車のタイプによっても大きく違ってきます。

 

 

自転車のタイプにもいろいろな種類が存在します。いわゆるママチャリと呼ばれるシティサイクル(前にカゴのついた普通のタイプ)やシティサイクルを改良して急な坂道にも対応できる電気自転車、また本格的な山道を登ることのできるマウンテンバイクにスポーツ用のロードバイクまであります。

 

 

実はいろいろある自転車のタイプでも比較的自転車EDになりやすいのがスポーツに使われるロードバイクやマウンテンバイクなどです。

 

 

というのも、体を前に傾けてこぐことで前に進む自転車の中でもロードバイクタイプやマウンテンバイクはかなり体を前に傾けてこぐものだからです。

 

そして、これらのスポーツ用の自転車に乗る人の多くは長時間にわたってこいでいる人が多くみられます。

 

 

そのため、普通に体を前に傾けた状態で自転車を長時間こぐだけでも自転車EDのリスクが高まるだけに、スポーツ用の自転車ではなおのことそのリスクが上昇します。

 

 

さらに、スポーツ用の自転車は普通の自転車に比べるとサドルも細く作られています。そのことによってもサドルから陰部への圧力が普通の自転車に乗る時以上に強くなりがちです。

 

 

これらのことから、スポーツ用の自転車では特に自転車EDになるリスクが高まりやすいといわれています。

 

 

自転車EDの対策はサドルの見直しから

 

 

手軽に健康に貢献できるスポーツである自転車ですが、長時間乗ると自転車EDになるというのではおちおち休日などにサイクリングにも出かけられなくなりそうです。

 

 

そうなると、自転車EDの対策をするにはどのようにすればよいのでしょうか?

 

 

まずは使っている自転車のサドルをチェックしてみてください。先ほども書いた通り、乗っている間にサドルから陰部への圧力が強まることが自転車EDの原因となります。

 

 

そこで、自転車のサドルでも陰部への圧力がある程度弱くなる形状のタイプのものに取り換えてみると良いでしょう。これだけでも普通のサドルの自転車に乗るときに比べるとだいぶ違ってきます。

 

 

自転車通勤している人たちにとっては、職場までの距離や所要時間のことを考えるとなおさら大きなメリットになってくること間違いなしです。

 

 

長時間のサイクリングが大好きだという自転車愛好家の方は、サドルではなく長時間のサイクリングにも耐えられるようなパンツに注目してみてください。

 

 

長時間自転車をこいでもその間の圧力や衝撃を吸収するパッドが入っているため、普通に長時間こぐよりも大幅に自転車ED になるリスクが低くなります。

 

 

まとめ

 

 

自転車を使ったサイクリングそのものは発汗や血行の増進を促し、またメタボ対策にもなりえる非常に手軽で健康的なスポーツです。

 

 

しかし、いくら手軽で健康的といっても、あまり長い時間サイクリングを続けることで様々な弊害が出てきます。

 

 

自転車EDもそのひとつで、長時間自転車をこいでいる間に股間がサドルからの圧力を受け続けることで発生のリスクが高まります。

 

勃起不全

おすすめのペニス&精力増大サプリはこちら!

ヴィトックスαEXTRAedition   販促活動に最も力を入れているサプリで、太っ腹なキャンペーンで有名。     1箱買うと1箱ついてくるプレゼントキャンペーンは絶対に利用したいところ。     まとめ買いで安くなるので、最低3箱は一度に買いたい。どんなサプリも最低必要使用条件は3ヶ月と言われているので、随時キャンペーンを行ってくれる「ヴィトックスαEXTRAedition」は私の一押しサプリです。     使ってみた感想;
確実にでかくなると聞いてはいたが、正直ここまでとは・・・自身が最も信頼をおいて愛飲している増大サプリ。おかげさまで飲みはじめて3ヶ月後には亀頭のカリが高くなりはじめました。(個人差あり)
    
  詳細はこちら