ペニス増大 精力剤サプリ

ペニス増大サプリの効果と精力剤としての勃起回復力がすごい!

1日のシトルリンの適正な摂取量とは?


EDの男性のみなさんは「シトルリン」という栄養を聞いたことがあると思います。「シトルリン」とは、ED改善やペニス増大の栄養素として、一番有名と言っても過言でもない栄養です。

 

 

シトルリンは、アミノ酸の一種です。男性だけでなく、女性にも大切な栄養であり、ED対策をはじめ、妊活にも活躍している栄養です。

 

シトルリンの効果についても簡単に説明していこうと思います。シトルリンには、体内の血管を広げる効果があります。また血管の壁にコレステロール等が付着することを抑制してくれます。

 

 

これらの効果により、体内の血の巡りを良くしてくれ、同時に精液の運動性も高めてくれるのです。

 

 

また、血の巡りが良くなるということは勃起不全に対しても効果があります。そもそも勃起というのはペニスの海綿体の膨張によって起こります。

 

 

なので、血の巡りが良くなることによって、海綿体が膨張しやすくなるということです。そのため、EDの人も、積極的にシトルリンを摂取することをおすすめします。

 

 

ですが、摂取すると言っても、毎日どれだけ摂取すればよいのでしょうか。次にこの記事の本題である、1日の摂取量について説明していきます。

 

 

シトルリンの1日の摂取量

 

 

シトルリンの1日の最低摂取量は800㎎と言われています。この数字は一般の方が最低でも摂取してほしいと言われている数字です。目的に応じて、1日のシトルリンの摂取量が変化していきます。

 

 

ペニス増大に望ましい摂取量とは

 

 

シトルリンは摂取量や飲み方に限らず血中濃度半減期が短く直ぐに尿として排出されてしまいます。

 

 

筋トレでは、トレーニング前と就寝前に服用することで筋肉肥大していくので、ペニス増大も1日2回が効果的です。

 

 

1回は、就寝前で、もう1回はチントレの前にシトルリンを2000㎎ずつ摂取することで、ペニスサイズが増大していきます。

 

 

筋肉をつけるのもペニスを増大させるのも同じ容量で考えると、最大限の結果が出やすくなります。

 

 

シトルリンの過剰摂取は害がないのか?

 

 

シトルリンの過剰摂取は、最初に答えを言うと、害はありません。これは研究結果で出ていることなので、正しい情報と言っていいでしょう。

 

 

過剰摂取だけで副作用や体調不良は起きないようですが、元々心臓疾患を持っている人はシトルリン自体を飲むことはやめましょう。

 

 

増大サプリにシトルリン摂取量が書かれていないことが多い

 

 

ネットで売られているペニス増大サプリは主成分がシトルリンにも関わらず、摂取量や飲み方の手順が書かれていないのがほとんどです。

 

 

ホームページだけでなく実際に購入してみてもパッケージに配合量が明記されていないので、何粒飲めば良いかも分かりにくいです。

 

 

そんな中で、正確に表記されているのがシドルフィンという増大サプリです。1日当たり1800㎎と表記されているので、2倍飲んでおけばサイズアップが期待できるでしょう。

 

 

シトルリンを含んだ食べ物

 

 

どんな栄養にしてもサプリメントだけに頼っていてはいけません。それはシトルリンも同じだと考えます。シトルリンを含んだ食べ物で一番有名なものはスイカです。

 

 

スイカは他の食べ物と比べて群を抜いています。スイカは100g当たりで180㎎含有しています。2番目、3番目の食べ物としてヘチマとメロンが挙げられます。

 

 

ヘチマとメロンのシトルリンの含有量は、58㎎と49㎎です。スイカの圧倒的さがよく分かっていただけたと思います。シトルリンが多い上位3個の食べ物は全てウリ科です。

 

 

量で見ると、1日のシトルリンの最低摂取量だと、スイカなら1/7個、キュウリなら56本食べる必要があります。

 

 

2007年まで医薬品だったシトルリン

 

 

厚生労働省は2007年に食薬区分においてシトルリンのサプリメントは食べ物の原材料の状態では医薬品としないと発表しました。

 

 

そして、改訂後はサプリメントなどの健康食品に使用することができるようになりました。効果がないから医薬品から外れたわけではなく、シトルリンに副作用の心配がないことから一般販売で原材料として使用して大丈夫ということになったわけです。

 

 

ただし、条件として効果や効能を明記しないことは薬事法違反になるという限定です。2007年以降に筋肉増強、むくみ、ペニスサイズアップなどにシトルリンが食べ物として急激に注目された背景は厚生労働省の許可にあったわけです。

 

 

 

 

まとめ

 

 

シトルリンは、目的によって摂取量が変わってきます。また、摂取するタイミングも変わってきます。

 

 

あなたの目的によってシトルリンの量やタイミングを変化させないといけないことを理解していただきたいです。

 

 

そして、自分自身のベストなものを見つけてほしいです。あなたのベストはあなたにしか分かりません。試行錯誤を繰り返しながら、ベストなものを見つけ出せるようになっていただきたいと強く願っております。

 

 

 シトルリンサプリのシトルリンの摂取の方法

 

サプリメントを服用するには、まずそのサプリメントのことを知る必要があります。

 

 

ペニス増大という男にとっては深刻な悩みを解決するための糸口です。

 

 

サプリメントの成分であるシトルリンについて、また摂取について学んでみましょう。

 

 

シトルリンとは?

 

 

アミノ酸の一種で、ウリ科の植物に多く含まれる栄養素です。1914年に日本でスイカの絞り汁から発見されたことで知られています。

 

 

シトルリンはオルニチン、アルギニンの3つで尿素を生成するのに重要な役割を果たします。スイカを食べるとトイレが近くなるのはこのせいだったのですね。

 

 

効果として体内の血流を良くするため、血行促進を促し、精力増強が期待できます。血行が悪くなるのは体にとって悪いことであることは安易に想像がつきます。

 

 

シトルリンの血流を良くする働きは、勃起力に影響を与えるペニスへの血流量を増やすことにつながります。

 

 

ペニスの海綿体にたくさんの血液が送られるとペニスを大きくしたり、勃起力をあげてくれるわけですから、シトルリンの力は侮れません。

 

 

ビタミンやカルシウムのようによく聞くサプリメントではありませんが、血行促進による新陳代謝のアップをサポートするなどシトルリンは、むくみの解消や、ダイエットにも効果が期待できる成分です。

 

 

摂取にあたり、ペニス増大に限らず取り入れて損のない栄養素です。

 

 

食事ではまかなえない?

 

 

誰でも摂取すべき栄養素がわかれば、サプリメントなどに頼らず食事などでなんとかまかなえないだろうとか思います。

 

 

では、シトルリンは食事では補うことはできないのでしょうか?

 

 

シトルリンの1日の目標摂取量は 800mgです。

 

 

例えば、スイカ100gあたりにどれくらいのシトルリンが含まれているかというと、180mgです。

 

 

800mgを摂取することは、そんなに難しくない量かもしれませんが、夏にしかないというのがネックです。

 

 

ついで含まれる量が多いメロンでは 100g中50mgですので、こちらもなんとか摂取可能です。

 

 

とは言え、毎日となるとかなり厳しいものがあります。

 

 

スイカと同じくウリ科のきゅうりですが、スーパーでも1年中売られていることと、調理が特に必要としない点でもかなり手頃です。

 

 

では、どれくらい食べればいいでしょうか?

 

 

100g中に含まれるシトルリンの量は、9.6mgです。本数で換算すると1日あたり、50本でも足りないくらいです。これはとんでもなく非現実的ですね。

 

 

よく精力がつくと言われるニンニクはどうでしょう。

 

 

100g中のシトルリン量は、3.9mgです。きゅうりよりはるかに少ないですね。これではとても食べて補うことは不可能です。

 

 

シトルリンを食事で補うことは無理です。

 

 

食事で補うことができない以上、サプリメントを服用するのが一番です。

 

 

しかし、無理ではありますが、無駄ではありません。

 

 

サプリメントを服用しつつも、シトルリンを含む食材を積極的に取り入れるようにすれば効果をアップさせることが期待できます。

 

 

一気にたくさんは無理ですが、少しずつ取り入れることなら可能です。たったこれだけと、笑うのでしたらそれまでです。塵も積もれば山となる。

 

 

もともとサプリメントは、数回飲んで効果がメキメキとでるものではありません。サプリメントも毎日の服用の積み重ねです、積極的に取り入れて効果をあげていきましょう。

 

 

飲んで害はないの?

 

 

まず、シトルリンを摂取することに問題はありません。

 

 

ただ、シトルリンの効果である血流をよくする作用が、血管疾患がある人などは摂取量などに注意が必要な場合があるので医師に相談してみましょう。

 

 

通常、概ね健康である人であれば問題はありません。

 

 

シトルリン血症と診断されている人が問題視されますがこれはアンモニアを尿素に変える機能に異常をきたす可能性があるためですので、診断を受けている人は、シトルリンサプリは控えてください。

 

 

どんなサプリメントにも共通して言えることですが、効果をあげようと規定を無視した過剰摂取は、効果を得るどころか体調を崩しかねません。

 

 

体にいいはずのものを悪いものにしてしまっては、ペニス増大どころの騒ぎではありません。

 

 

そしてもう1点、服用中の病院で処方された薬がある場合は例えそれが風邪薬であっても飲み合わせが悪い場合もあるかもしれませんので、必ず医師に確認を取りましょう。

 

 

健康な体あってのペニス増大のためのシトルリンサプリです。

 

 

毎日、忘れず継続してサプリメントを飲むことが原則ですがシトルリンサプリを優先して、病院から処方された薬を後回しにしては、体調は回復しません。

 

 

不調な体のままでペニスだけ大きくしようというのもおかしな話です。

 

 

まとめ

 

 

サプリメントを服用するということは、目的が明確にあるということです。

 

 

ペニスの増大を切に願うあなたのサポートをするシトルリンについてよく理解し、上手に摂取していきましょう。

 

 

サプリメントの効果を上げるのも下げるのもあなた次第です。正体のわからない錠剤を飲んで、どうかペニスが大きくなりますようにとお願いをしているだけでは、なにも変わりません。

 

 

ベースの体作りから、食事への配慮、正しい服用と聞くとなんだか難しく感じるかもしれませんが、体調管理をしながら、忘れずシトルリンサプリを飲みましょう、それだけのことです。

 

 

 摂取量に注意!!アルギニンとシトルリンの相乗効果とは?

 

精力剤に主に使われているアルギニンとシトルリンですが、どれくらい摂取すればよいか知っている人は少ないと思います。

 

 

そこでこの記事ではアルギニンとシトルリンの摂取量について紹介していき、アルギニンとシトルリンの相乗効果について説明していきます。

 

 

アルギニンとシトルリンは、不足すると勃起しにくくなる一酸化窒素の原料です。また一緒に摂取することで血流アップします。

 

 

それでは摂取量はどのくらいが望ましいのでしょうか。

 

 

多く摂取すればするほど効果が出るのではと勘違いしがちですが、摂り過ぎには要注意です。

 

 

アルギニンは、過剰摂取すると下痢や胃のムカツキが起こる場合があります。

 

 

シトルリンは、副作用はないのですが、多く摂取したからと言って効果が高まるわけではありません。多く摂取しても垂れ流し状態になってしまうのです。

 

 

次にシトルリンとアルギニンの摂取量について紹介していきます。シトルリンの1日の摂取量は800㎎、アルギニンは1日の摂取量は1500㎎が理想的だと考えられています。

 

 

ネットの中では、アルギニンが1日に2000㎎~4000㎎が理想的だという意見もありました。

 

 

しかしそれは1日で摂る食事類すべて含めた計算だと思います。

 

 

摂取量がとても多いサプリメントがあるけどいいの?

 

 

ネットなどでサプリメントを探してみると、アルギニンが1日に5000㎎とかシトルリンが1日に2000㎎摂取できるサプリメントがあります。

 

 

先ほど挙げた理想の摂取量よりもはるかに多いです。このようなサプリメントは摂取していいのでしょうか?

 

 

一般的に成分量を多く摂れば効果も期待できると思いがちですが、実はそうでもありません。

 

 

大量摂取したとしても、身体には吸収されず、排出されるだけになってしまいます。アルギニンに関しては、過剰摂取をすると、身体への問題も出てくる場合があります。

 

 

アルギニンはアルカリ性なので過剰摂取は注意

 

 

アルギニンはアルカリ性です。過剰摂取をしてしまうと胃の負担が大きくなり、下痢や胃のムカツキなどの症状が現れることがあります。

 

 

過剰摂取と言っても、市販されているアルギニンサプリの1回分量では胃腸が弱くない限り副作用的な症状がでることはありません。

 

 

アルギニンサプリによっては、アルギニンのアルカリ性を中和するためにサプリにクエン酸が含まれているものがあります。

 

 

アルギニンを摂取したいけど胃腸が弱くて副作用が気になる方は、クエン酸入りのアルギニンサプリを選ぶか、オレンジジュースなど酸性のものと一緒に摂取するとよいです。

 

 

1日の摂取量目安、アルギニンの過剰摂取についてわかったところで、アルギニンとシトルリンにはどのような働きがあるのかを紹介していきます。

 

アルギニンとシトルリンの働き

 

 

アルギニンの効果

 

 

血管の老化防止、疲労回復、成長ホルモンの分泌、免疫機能の向上、脂肪代謝の促進、美容効果、筋肉増強、脂肪燃焼などの効果が期待できます。

 

 

勃起に良いというのは、血液促進作用があり、男性機能の改善に繋がるからです。

 

 

シトルリンの効果

 

 

筋肉増強、冷え性改善、むくみ予防、美容効果、動脈予防の効果が期待できます。

 

 

勃起に良いというのは、血管をしなやかに拡げ、血液の流れをスムーズにする働きによってペニスの海綿体に血液をスムーズに送り込むことができるようになるからです。

 

 

ペニス増大サプリメントの定番成分としてシトルリンが挙げられるのは、血流を促進してペニスを大きくといった狙いがあるからです。シトルリンは、冷え性の女性にも人気の成分です。

 

 

シトルリンとアルギニンの相乗効果

 

 

アルギニンとシトルリンは、一緒に摂ることで血中アルギニン濃度の上昇促進効果があります。

 

 

これはすでに確認されていることなので、確実な情報です。アルギニンとシトルリンは一緒に摂取した方が単独で摂取するよりも血流がアップします。

 

 

アルギニンとシトルリンは、摂取することで一酸化窒素が血管内で作られることから、血流がスムーズになり、男性機能強化に効果があると言われています。

 

 

要するに、アルギニンとシトルリンを摂ることで作られる一酸化窒素が男性機能に大きく関わっているということなのです。

 

 

一酸化窒素はペニスの筋肉を緩める方向に作用しますが、ふそくしているとうまく勃起ができません。

 

 

EDもテストステロンか一酸化窒素不足によって起きるのです。つまり、一酸化窒素が不足していると勃起がうまくできないということなのです。

 

 

まとめ

 

 

アルギニンとシトルリンは、勃起にとってとても大切な成分です。ですが、摂り過ぎては逆効果になってしまいます。

 

 

適正な摂取量を確実に守り、効果を実感できるようにしましょう。そして、男性としていつまでも輝ける身体を作っていきましょう。

 

 

シトルリンの血流増量パワーは精力剤にはなくてはならない成分です

 

現代の男性にはパートナーとの性生活の中で、セックスをしても肝心の男性器の勃起が不十分だったり、最悪の場合、全く勃起できなかったりするということで悩む人も多くみられます。

 

 

これは勃起力が低下している状態(医学用語でいう勃起不全<ED>)であるためです。

 

 

勃起力が低下する原因としては、仕事の多忙さやそれによるストレスや疲労の蓄積、不規則な生活習慣、さらに加齢などによる勃起に必要な器官の不調などが挙げられます。

 

 

特にストレスや疲労の蓄積がしやすい状況というのは、ストレス社会といわれている昨今においては、どの男性にとっても無関係ではいられないものです。

 

 

低下した勃起力を回復する手段は、サプリメントの服用や生活習慣の改善などいろいろな方法が考案されていますが、今回は勃起力を回復させるうえで注目されているシトルリンと呼ばれる成分について見ていきたいと思います。

 

 

シトルリンとはどんな成分?

 

 

シトルリンはアミノ酸の一種で、1930年に日本でスイカから発見されたものです。シトルリンの働きについては後述しますが、血管を拡張する働きが主なものです。

 

 

アミノ酸の一種ですが、実は男性器で作られる精子もたんぱく質が主成分であるため、精子を作り出すうえでアミノ酸は欠かせません。そのため、精力を増進するうえでも非常に重要な役割を演じます。

 

 

シトルリンを多く含む食べ物として、スイカやメロン、キュウリなどウリ科の植物が挙げられます。特に野生のスイカは過酷な環境に耐えて育つ分、より多くのシトルリンを含んでいます。

 

 

にもかかわらず、実はシトルリンを食べ物から摂取するのは非常に困難です。というのも、シトルリンの1日の摂取目安量が800mgであるのに対し、最も多く含んでいるスイカでさえ100gあたり180mgしか含まれていません。

 

 

そのほかキュウリが100gあたり9.6mg、メロンで100gあたり50mgというように、1日の摂取目安量を達成するにはこれらの食べ物をかなり消費しなければいけません。

 

 

このため、シトルリンを効率よく摂取する最も有効な方法はサプリメントを用いるというものです。サプリメントの方が食べ物以上にシトルリンの量が凝縮されているため、効果的に摂取目安量を達成できます。

 

 

シトルリンはどのような効果があるか

 

 

シトルリンの効果として、まず血管を維持する効果というものが挙げられます。具体的には、血管を拡張し、また血管そのものを強くしなやかにするというものです。そのため、血流を良くするうえで欠かせないのです。

 

 

このように血管の機能を強化し、摂取した酸素や栄養素が体の隅々に行きわたる働きを助けるため、脳や心臓などの体の各器官の働きをサポートし、美容やスポーツ、頭を使った作業にも大きく貢献します。

 

 

シトルリンは先ほども書いた通りアミノ酸の一種ですが、体内で活躍する多くのアミノ酸と違い、血管や細胞を巡りつつ、必要な時にすぐにそれらの働きをサポートできるような遊離アミノ酸としての役割を果たします。

 

 

また、心臓や血管の健康に不可欠な一酸化窒素を産出します。この一酸化窒素が血管の働きの促進、そして精力の増進にも欠かせない成分です。つまるところ、シトルリンの血管拡張効果は一酸化窒素を産出している点が大きいといえるのです。

 

 

男性器の勃起は性的快感が男性器に伝達されて、それに伴い男性器の中の海綿体と呼ばれるスポンジ状の器官に血液が浸透することによって生じるものです。

 

 

その点においては、シトルリンの持つ血管拡張効果や血流改善効果は勃起に大きく貢献し、また勃起力の回復のために力を発揮するといえます。

 

 

また、疲労回復の効果もあります。これはシトルリンが疲労の原因となるアンモニアを除去する働きがあるためです。そのため、疲労を回復するという点、さらに精力を増進するという点でも勃起力の回復が期待できます。

 

 

摂取のタイミングについて

 

 

シトルリンの摂取はタイミングを見計らうのがコツです。

 

 

例えば、疲労回復(これも結果としては勃起力の回復につながります)のために摂取するのであれば、仕事や運動の後に飲むのがおすすめです。この時にシトルリンを摂取すると、疲労の除去や筋肉などの修復をサポートします。

 

 

また、仕事や運動の前に飲むのも有効な方法です。特に疲労については、このタイミングで飲むと、疲労感の軽減をサポートするためです。

 

 

摂りすぎによる副作用は?

 

 

血管を拡張させることで日々の活動を活発にし、また疲労の回復にも貢献し、結果的に勃起力の回復につながるシトルリン。しかし、ここで気になるのが摂りすぎによる副作用があるかどうか、という点です。

 

 

結論からいえば、副作用はありません。というのは、元がアミノ酸の一種であるため、ある程度多めにとっても人体に害は与えない性質だからです。またシトルリンにはアレルギーというものも存在しないため、よほど過剰に摂取しない限りはまず安全な成分といえます。

 

 

ただし、勃起力の回復の効果を大きく向上させたいからと目安以上の摂取量のシトルリンを摂取することはおすすめできません。一度に大量に摂取するよりも、継続的に摂取するほうがはるかに効果的であるためです。

 

 

あと、シトルリンには血管拡張効果があるため、血圧関係の疾患を持っている人は摂取する前に必ず医師に相談することが望ましいといえます。

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?シトルリンは血管を拡張することによって人体の活動を促進し、また疲労の回復や精力の増進にも大きく貢献します。それによって、低下した勃起力の回復にも大きな役割を果たすのです。

 

 

摂取にはサプリメントを活用するのが効率の良い方法です。ぜひともシトルリンを多く摂取して(もちろん過剰摂取はあまりおすすめできません)、勃起力を回復させ、パートナーとの楽しい性生活を満喫してください。

 

ED治療

おすすめのペニス&精力増大サプリはこちら!

ヴィトックスαEXTRAedition   販促活動に最も力を入れているサプリで、太っ腹なキャンペーンで有名。     1箱買うと1箱ついてくるプレゼントキャンペーンは絶対に利用したいところ。     まとめ買いで安くなるので、最低3箱は一度に買いたい。どんなサプリも最低必要使用条件は3ヶ月と言われているので、随時キャンペーンを行ってくれる「ヴィトックスαEXTRAedition」は私の一押しサプリです。     使ってみた感想;
確実にでかくなると聞いてはいたが、正直ここまでとは・・・自身が最も信頼をおいて愛飲している増大サプリ。おかげさまで飲みはじめて3ヶ月後には亀頭のカリが高くなりはじめました。(個人差あり)
    
  詳細はこちら