ペニス増大 精力剤サプリ

ペニス増大サプリの効果と精力剤としての勃起回復力がすごい!

アルギニンはペニスや精子にどういった影響を与えるの?


 

これを読んでいる多くの男性はペニスをもっと大きくしたいなぁとか、精液の量を増やしたいなぁといったことを考えているんじゃないかな?

 

 

確かに、ペニスが大きいと膣に入りやすくなってもっと気持ちよくセックスできるかもしれませんし、精子の量が多いと受精しやすいといった旨味が出てくるので、分からなくは無いです。

 

 

ですが、ただこうなったらいいなと思っているだけじゃいけません。

 

ペニスを増大したり、精子の量を増やすのにアルギニンが良いという話を聞いたことはありませんか?今回はそれらの疑問を解決していきますので、最後まで読んでください。きっと、性に関する悩みを解決するためのヒントが得られると思います。

 

 

アルギニンは果たしてペニスや精子にプラスに働くのか

 

アルギニンという単語は聞いたことあっても、どういったものなのか答えられるという方は少ないんじゃないかな?ここでは、アルギニンに関する説明を加えつつ、ペニスや精子に関する悩みを解決していきますね。

 

 

アルギニンはアミノ酸と呼ばれるものの一種で体づくりを行っていく上で力を発揮する成分の一つです。

 

 

多くのペニス増大サプリや精力剤でアルギニンが使われており、精力増強の効果があるというのを昔から知られていますね。とあるAV男優もペニス増大目的や精子を増やす目的で使ったりしているのは有名な話です。

 

 

性のプロの話も面白いので、興味ある方はチェックしてみるといいでしょう。私も思わず、「そうなんだ!」と感じました。

 

 

アルギニンの大きな効果に

 

 

  • 血行の改善
  • 疲労回復
  • 成長ホルモンの分泌活性化
  • ペニスの勃起を促す
  • 美肌効果

 

 

と5つが挙げられます。多くの方がアルギニンを摂取する目的は精力増強や美容目的が強いんじゃないかな?だけど、ペニス増大や精液の量を増やすという疑問を解決するためにもうちょっと突っ込んでいきますね。

 

 

アルギニンが体内に入ると、一酸化窒素と呼ばれるものが生成され、狭くなった血管を拡げてくれます。そうすることで血液が流れやすくなり、全身に栄養や酸素といったものを送り届けるんです。

 

 

結果、脳で成長ホルモンの分泌を後押ししたり、ペニスに血液が行き届くことによるサイズアップに繋がります。さらに、一酸化窒素がサイクリックGMPというペニスの勃起を促すイオンを作るのも、アルギニンがペニスの増大をさせると言われている理由の一つですね。

 

 

成長ホルモンが分泌されると、肌の生成や筋肉増強をサポートします。そうすることでペニスの勃起を支える骨盤底筋や腹横筋といったインナーマッスルと呼ばれる筋肉が衰えないようにするんですよ。そういった部分を踏まえると、ペニスの増大に成長ホルモンを必要とするのが何となく分かるんじゃないかな?

 

 

アルギニンはアンモニアという疲労の元を分解する効果を持っており、疲労回復に役立つと言われています。ここも精力剤等に用いられるポイントの一つになってくるでしょう。

 

 

ちなみに、お酒を飲んだ時に二日酔いが起きたりするのはアルコール分解にアルギニン等の成分が使われ、アンモニアを十分分解しきれないのが関係しているんですよ。ここもセックスを行う時に頭を入れておくと、どういったことは行っちゃいけないかが何となく分かるんじゃないかな?

 

 

その他にも、アルギニンはテストステロンという男性ホルモンの分泌を促し、精子の生成に働くと言われていますね。

 

 

以上のことを踏まえると、アルギニンはペニスの増大や精子の生成のために摂取しておきたい成分と言えるでしょう。ここまで読んでみて、アルギニンの持つ効果が横のつながりを持っているというのが何となく分かったんじゃないかな?

 

 

アルギニンにプラスαのものが必要になってくるんです

 

 

アルギニンがペニス増大と精子の生成に働くものの、それだけに頼っていてはいけません。それにプラスαのものを加えることによって目的を達成しやすくする必要があります。ここでは、プラスαのものが何かを説明していきますね。

 

 

プラスαのものというのは大きく分けて3つあるんですよ。それは

 

 

  • シトルリンや亜鉛といった成分
  • 体幹、骨盤、股関節周囲の筋肉
  • オナニーの回数を調整する

 

 

という3つの要素からなります。いずれもどこかで聞いたことあるなという方もいるんじゃないかな?ここはペニス増大や精子の増量を行う上で基本になってきますね。

 

 

シトルリンや亜鉛といった成分はペニス増大や精子増量を行う上でベターなものです。

 

 

シトルリンは体内に入るとアルギニンに変換される性質を持っているので、ペニス増大サプリにアルギニンとセットで配合されていたりしますね。

 

 

亜鉛は精子や精液を生成する効果があります。こちらも、精力剤なんかで目にするでしょう。精子がより働きやすくなるためにセレンというものが必要になってくるのも頭に入れておかないといけないです。

 

 

この他にも、色んな成分がアルギニンの効果を引き出し、ペニス増大等の目的を達成します。

 

 

ペニスは骨盤底筋によって支えられています。それだけじゃなく、全身の筋肉は繋がっていると言われていて、体幹や股関節の筋肉もペニスの勃起をスムーズに行っていく上で重要になってきますね。普段から筋トレを行い、ペニスの増大を図りましょう。有名なPC筋トレーニングというチントレ何かが有名ですね。ちなみに、PC筋は骨盤底筋のことです。

 

 

適度にオナニーを行うことにより、性的興奮を高めてペニスを増大させる効果があります。ですが、精子を貯めるという意味では週に2、3回が目安になってきますね。長期間オナニーを禁止して精子が古くなると、DNAが損傷してしまうのに注意しましょう。

 

 

これらのことから、ペニス増大や精子を増やすのにアルギニンに依存しっぱなしではダメだというのが何となくでも分かったんじゃないかな?それが分かっただけでも大きな収穫だと思いますよ。

 

アルギニンの力を上手く引き出せるかが精力増強で大事!

 

 

アルギニンは確かにペニス増大や精子を増やすのに有効な成分です。それを活かすためには、シトルリン等の他の有効成分やペニスの勃起を支える筋肉、オナニーの仕方というのにも目を向けていかないといけません。

 

 

いかにアルギニンの持つ力を活かせるかが、男性の性生活を豊かにする上で大事なってくるでしょう。

 

 

アルギニンとはいったいどんなものかを知る

 

アミノ酸の一種であるアルギニンは、1886年にドイツのシュルツ博士がマメ科の植物の芽から発見しました。

 

 

古代ギリシャ語のアルギュロス(綺麗な銀色の輝きと言う意味)から由来とされています。

 

 

このアミノ酸は人間の体内で生成可能なアミノ酸で、このようなアミノ酸を「非必須アミノ酸」と言われています。

 

 

しかし、これは成人の人に言えることです。

 

 

成長期や乳幼児期には、不足することもあります。

 

 

そのことから、「準必須アミノ酸」とも言われることがあります。

 

 

また、アミノ酸には、D型とL型があります。

 

 

D型は、自然界にはほぼ存在しないアミノ酸です。

 

 

L型は、体内での生成が可能で一般的によく食品に含まれているアミノ酸です。

 

 

そのことから、皆さんがよく知っているアミノ酸は、L型のアミノ酸と言うことになります。

 

 

じゃあ、D型はと言うと、今まで人間には不必要なものと考えられていました。

 

 

その為、まだまだ未知のアミノ酸でよくわかっていないというのが本当のところだそうです。

 

 

しかし、L型からD型に体内で変化していることが、少しずつ解明され始めたばかりと言う段階のようです。今後の研究によっては、大きな成果も期待されているようです。

 

 

アルギニンは、どのように摂取できるのでしょう

 

 

アルギニンは、主に肉類や大豆類に多く含まれています。最も多く含んでいるのは、「豚ゼラチン」で、100g当たり8000mg含まれています。

 

 

その他の物には、どのくらい含まれているのでしょうか。

 

 

確かに、豚ゼラチンは多く含んでいますが、豚肉が一番と言うわけでは無いようです。肉と言うことで言うと、鶏肉、豚肉、牛肉の順番で多く含んでいるようです。

 

 

また、大豆類では、高野豆腐が100g当たり4200mgもあるようです。あとは、納豆や味噌にも含まれています。

 

 

その他には、魚介類にも含まれています。エビやマグロも含んでいます。エビは、肉よりも1.6倍も多いと言われています。

 

 

また、マグロは、アレルギンの吸収力をアップさせるビタミンBも多く含まれているため、より吸収されやすい効率の良さがあります。

 

 

他にも、鰹節にも多く含まれています。

 

 

加熱してもアルギニンはそのままの効果を保ってくれます。

 

 

また、果物には、あまり含まれていませんが、意外にも野菜には含まれているようです。

 

 

例えば、ニンニクや乾燥シイタケなどにも多く含まれています。

 

 

因みに、アルギニンの摂取目安は、1日に2000~4000mgが理想とされています。より効果的と言われているのが、6000mgなんです。

 

 

アスリートは、なんと驚きの10000mgとも言われています。

 

 

確かに、一般の方が食べすぎるとアルカリ性が強すぎて体への負担が有るとされています。

 

 

胃痛や下痢など症状が出れば、クエン酸で中和すると良いと言われていますが、これは、アルギニンだからと言うわけでは無く、同じものを食べすぎるのは、どの食品でも逆効果とも言えます。

 

アルギニンの強さと効果とは

 

 

アルギニンの主な効果として成長ホルモン分泌促進があります。

 

 

他にも筋肉増強、アンチエイジング、血流改善、疲労回復、免疫力向上など良いことが沢山あります。

 

 

聞いているだけで、元気に若返るような効果ばかりです。

 

 

その中の血流改善効果はシトルリンとよく似た働きがあります。

 

 

アルギニンは一酸化窒素の生成を助けるのですが、この一酸化窒素は「環状グアノシンーリン酸(CGMP)」を活性化してくれます。

 

 

これが勃起力アップにつながります。

 

 

血管を拡張し海綿体に多くの血液を流すことで、男性器の強化対策に非常に有効と言われている所以なのです。

 

 

海綿体とは、男性のスポンジ状の勃起性組織のことで、女性の陰核クリトリスにも同じような構造が存在します。

 

 

男性の陰茎には3本の海綿体が存在します。海綿体の内部は先ほど触れたように、スポンジ状になっています。

 

 

また、副交感神経により血流調整されています。

 

 

血流は生理的要因や興奮により、密集しているスポンジ状の静脈洞に多くの血液が流れます。

 

 

そうすることで海綿体が血液でパンパンになるのです。このことで膨張し硬くなるというのが基本的な仕組みです。

 

 

この海綿体は2種類に分かれます。「陰茎海綿体」「尿道海綿体」です。

 

 

「陰茎海綿体」が勃起時には硬くなるのに対して、「尿道海綿体」は精液の通路となるため比較的柔らかくなっています。

 

 

このように、アルギニンが精力増強に良いと言われるのは、しっかりした理由があるんですね。

 

 

アルギニンの効果

おすすめのペニス&精力増大サプリはこちら!

ヴィトックスαEXTRAedition   販促活動に最も力を入れているサプリで、太っ腹なキャンペーンで有名。     1箱買うと1箱ついてくるプレゼントキャンペーンは絶対に利用したいところ。     まとめ買いで安くなるので、最低3箱は一度に買いたい。どんなサプリも最低必要使用条件は3ヶ月と言われているので、随時キャンペーンを行ってくれる「ヴィトックスαEXTRAedition」は私の一押しサプリです。     使ってみた感想;
確実にでかくなると聞いてはいたが、正直ここまでとは・・・自身が最も信頼をおいて愛飲している増大サプリ。おかげさまで飲みはじめて3ヶ月後には亀頭のカリが高くなりはじめました。(個人差あり)
    
  詳細はこちら