ペニス増大 精力剤サプリ

ペニス増大サプリの効果と精力剤としての勃起回復力がすごい!

アルコールもペニスの勃起にとっては注意が必要


最近、セックスしていてもペニスが勃起しない、勃起しても途中で中折れしてしまうといった悩みを抱える男性も少なくありません。

 

 

セックスを含め性生活の中ではペニスが勃起するということはどうしても欠かせない大切なことですからね。

 

 

ペニスが勃起しにくいという状態の大きな要因としてストレスが挙げられることもしばしばです。

 

 

なにしろ、現代の男性は仕事などでなんだかんだいって毎日が多忙ですから、その分ストレスもためやすいものです。

 

そこでストレスの発散が大切になってきますが、中には日頃の仕事のストレスを飲酒で晴らそうという人も多いかと思います。が、ちょっと待ってください。

 

 

実はペニスとお酒というのはあまり良い関係ではないのです。そのため、よく気を付けないと、ペニスが勃起する力が低下してしまうこともあるのです。

 

 

そこで今回は、ペニスと飲酒との関係にふれて、どこを気を付けるべきか、またはペニスを健全に保つ上でお酒とどのようにつきあっていくべきかを見ていきましょう。

 

 

実はアルコールはペニスにとって大切な栄養を消費する

 

 

お酒には当然ながらアルコールが含まれています。だからこそ、個人差はあるもののお酒を飲めばどこかの時点で酔っぱらうものです。

 

 

このアルコールですが、体内に取り込まれると肝臓で分解されます。実はこの分解の時に、ペニスの勃起力を向上させたり、精力をつけたりするうえでとても重要な栄養を消費しています。それがシトルリンとアルギニンです。

 

 

実はシトルリンとアルギニンはともに勃起力の回復や勃起不全(ED)の回復に使われるサプリメントにも使われるほど、ペニスの力を強めるうえで重要な役割を果たしている成分です。

 

 

そして、当然ながらアルコールを大量に摂取するほど、体内のシトルリンとアルギニンが失われてしまうのです。

 

 

そして、もう1つ恐ろしい事実があります。シトルリンとアルギニンが大量に失われることは、ペニスそのもののサイズアップや勃起に欠かせない男性ホルモンや成長ホルモンの分泌量まで下げてしまうのです。

 

 

となると、大量の飲酒はいわばペニスにとってはダブルパンチと言っても言い過ぎではありません。

 

 

このため、ペニス増大サプリメントで勃起力の回復などに努めている人でお酒が大好きだという人は要注意です。

 

 

せっかくサプリメントを使ってシトルリンやアルギニンを摂取していたことが無駄になってしまいますから。

 

 

ペニスを健全に保つためのお酒との上手な付き合い方(1)―禁酒も逆効果

 

 

このように飲酒を通じて摂取するアルコールによってペニスに様々な悪影響が出るということがわかりました。

 

 

ただ、ここまで読んできた方の中には「だったら、今日からもう酒は飲まない!」と心の中で鼻息荒く禁酒を決意している人もいるかもしれません。が、禁酒も実はペニスにとって逆効果です。

 

 

というのも、今まで毎日のように大好きなお酒を飲んでストレスを発散していたのに、いきなり禁酒してしまうとたちまちストレスがたまりイライラが募りやすくなるためです。

 

 

最初に書いたようにストレスがたまっている状態は、ペニスにとっても悪い影響しか及ぼさないものです。そして、それが原因で勃起力が低下したり勃起不全になりやすい体になったりしてしまいます。

 

 

そのため、いきなり禁酒というのは極めて危険な行為なのです。ただ、禁酒しても苦にならない人なら別にかまいませんけどね。

 

 

もし、禁酒をすることによって確実にストレスがたまると考えられるのなら、飲む日と飲まない日を分けることがおすすめです。

 

 

飲まない日(休肝日)を設けることで、シトルリンやアルギニンの消費量を抑えることにもつながるうえ、肝臓に休息を与えることで肝臓の機能の回復を図ることもできます。

 

 

ペニスを健全に保つためのお酒との上手な付き合い方(2)―時間帯を考える

 

 

多くの人の場合、お酒は夜に飲むものです。飲み会の席や仕事帰りの一杯、または帰宅してから疲れた体をいやすために飲むという人もいます。

 

 

実はこの「お酒を飲む時間帯」というものも、お酒とペニスの関係を考えるうえではとても大切な要素です。というのも、夜間にお酒を飲むと、摂取されたアルコールを肝臓が分解する時間は自然と夜中ごろになります。

 

 

夜中というのは、男性ホルモンや成長ホルモンが最も分泌されやすい時間帯です。

 

 

先ほども書いたように男性ホルモンや成長ホルモンの分泌にはシトルリンやアルギニンが重要な役割を持っています。

 

 

つまり、夜間にアルコールの分解がされていると、ホルモン分泌に必要なシトルリンやアルギニンが不足し、結果としてペニスそのもののサイズアップや勃起力の向上などにも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 

そのため、日頃の飲酒の時間帯を考える必要が出てきます。具体的には夜寝る前にはアルコールが残っていない状態にしておくとよいでしょう。飲む量を抑える、または早い時間帯に飲むようにするといった対策が必要です。

 

 

ペニスを健全に保つためのお酒との上手な付き合い方(3)―飲む量にも注目

 

 

ここまで来ると、いったいどのくらいの飲酒の量であればペニスにそんなに悪影響が出ないかが気になってくるかと思います。

 

 

これは飲酒した時に摂取されるアルコールの分解速度と大きくかかわってきます。たとえばビール350mlであればだいたい2時間ほどでその中のアルコールが消費されます。

 

 

ちなみに、ビール500mlであれば3時間、水割り(度数10%)350mlであれば1時間45分ほど、ワイン1杯(120ml)であれば1時間半、といったところです。

 

 

このくらいの量であれば、夜の早い時間帯に飲んでも寝る前にアルコールの分解が終わるため、ペニスにとっても大した影響は出てきません。飲む酒の量や種類に注目することも、ペニスの健全な状態を維持するうえでは大切なことです。

 

 

まとめ

 

 

毎晩ストレスを発散するために何気なく飲んでいるお酒も、飲む量や時間帯を考えて飲まないとペニスに悪影響を及ぼしてしまいます。かといって、いきなりの禁酒もストレスをためることになり逆効果です。

 

 

大切なのは、お酒と上手に付き合うことです。飲む日と飲まない日に分けたうえで、ペニスに影響を与えないくらいの適切な時間帯に適切な量のお酒をたしなむくらいが理想といえます。

 

勃起不全

おすすめのペニス&精力増大サプリはこちら!

ヴィトックスαEXTRAedition   販促活動に最も力を入れているサプリで、太っ腹なキャンペーンで有名。     1箱買うと1箱ついてくるプレゼントキャンペーンは絶対に利用したいところ。     まとめ買いで安くなるので、最低3箱は一度に買いたい。どんなサプリも最低必要使用条件は3ヶ月と言われているので、随時キャンペーンを行ってくれる「ヴィトックスαEXTRAedition」は私の一押しサプリです。     使ってみた感想;
確実にでかくなると聞いてはいたが、正直ここまでとは・・・自身が最も信頼をおいて愛飲している増大サプリ。おかげさまで飲みはじめて3ヶ月後には亀頭のカリが高くなりはじめました。(個人差あり)
    
  詳細はこちら